「妊娠中は温泉ダメ」は間違っていた?

実は妊娠中でも温泉に入れる!「妊婦は温泉ダメ」は医学的根拠がなかった。

妊娠中に温泉入浴ダメはウソ?

温泉の注意書きに「妊娠中の方はご遠慮ください」という表記、よく見ましたよね?
これらは「禁忌症」といって、入浴を避けるべき症状を表記するよう定められているのです。
実はこの「妊娠期間中は温泉に入るべきでない」という注意書きには医学的根拠がないとして、32年ぶりに環境省によって見直され、この規定を削除することになったんです!
 
今朝放送されたフジテレビの「とくダネ!」でも、コメンテーターとして出演している産婦人科医の宋 美玄(そん みひょん)先生(広尾レディース)が、「禁止されていること自体知らなかった!私が妊娠していたときも年に2、3回ほど温泉行っていましたよ。」とコメントされていました。

「妊婦は温泉ダメ」が常識になってしまったワケ

ただなぜこれまで妊娠中に温泉に入ることを良しとしていなかったのでしょうか。
環境省によると、1967年に温泉法の「禁忌症」について一度改定された際に「妊婦」が項目として加えられたことはわかっているですが、なぜ加えられてしまったのかはどの資料にも残っていないそうです…。

温泉入浴時の注意点

ただし、妊娠されていない方と同様、温泉ですべって転んだり長湯してのぼせるのは危険ですので注意しないといけませんね。

何はともあれ、妊娠中も温泉に入ってリラックスできるということです。おなかに赤ちゃんを抱えていると肩も凝ることもあるでしょう。温泉に入ってしばし癒されるのも良いかもしれませんよ!

3人が「いいね!」と言っています。